海外生活 英語学習

ニュージーランド留学で失敗する人の特徴(失敗しない留学)

ニュージーランド留学したのに

自分のスキル向上を目的にニュージーランドに留学したのに、失敗してしまう人が多いです。

自然豊かで平和なニュージーランド。治安もよく気候も日本に近いので、留学生にとって英語を勉強するのに適している国です。

 

逆に快適に暮らせる国ですので、遊んでばっかりで本来の英語を身につけるということを忘れてしまう人が多数。結果的に留学を失敗してしまうという悪循環になっています。

 

今回は以下のテーマで記事を書きたいと思います。

 

ニュージーランド留学で失敗しないように気をつけるべき5つのポイント

 

留学を決めるというのは、あなたの人生の中でも大きな決断の1つといえます。

留学をするなら、その最大の目的である英語力をしっかりと身につけて日本に帰ってきましょう。

 

今回の内容は、日本でよく見かけるTOEICなどのテストの点数を上げるためではなく、英語でコミニュケーションをできるようにするべきことを書いていきます。

私がニュージーランドに留学したときに、他の人はTOEICの点数を上げるために頑張って勉強していましたが、私は実際に使うコミニュケーションに意識をおいて勉強していたため、英語力の向上が全然違うものになりました。

どのくらいまで私自信が成長できたかというと

 

4ヶ月の留学で身についたスキル

  • 日常会話は困らない
  • 海外のテレビ、映画を字幕無しでみると60〜70%理解できる
  • ネイティブの人が使う言い回しを理解することができる
  • ビジネスで使う英語は厳しい
  • 科学の専門用語などは理解できないことが多い

 

少し意識を変えるだけで、誰でも上記のレベルぐらいに達することは可能です。新たな言語を学ぶということは難しいことですが、結局は言葉です。

正しい方法を継続すれば必然的にあなたのスキルになることでしょう。

 

実際どのようにすればいいのか紹介していきたいと思います。

 

1)留学前に中学レベルの文法・単語は勉強しておく

 

留学するときに考えることだと思いますが、留学前にしっかりと勉強しておきましょう。

よく見かける失敗する人の考え

留学すれば英語力がつく

成功する人の考え

勉強することによって英語力がつく

 

言語はコミニュケーションをすることで勉強したことを試すということが大切です。例えば、参考書で勉強した文法や単語をアウトプットする⇨意味が伝わる⇨スキルが身につくという流れで1つずつスキルを身に着けていきます。

 

事前の学習では、日本語の参考書を使用するよりも英語で書かれているものをオススメします。なぜなら、いざ留学したときに渡される教科書などは英語で書かれているので、留学前から英語に慣れておくとかなり楽です。

 

2)なぜ英語を身に着けたいのか(ニュージランド留学したいのか)目的を考える

 

留学を失敗する人はしっかりとした目的がなく、単に海外で生活してみたかったという漠然とした理由などが多かったです。

 

これから留学をしたいと考えている人は、しっかりと以下のような目的を考えましょう。

  • 海外の人ともっとコミニュケーションを取りたいから
  • 将来的には海外で働きたいから
  • 周りの人よりも英語を話せるようになりたいから
  • 海外で異性をゲットしたいから

 

などなど、人によって目的は違うかもしれませんが、しっかりと目的を意識して留学に望むと成長が断然に早いです!

 

3)日本人と話さない

 

 

『えっ?』と思われるかもしれませんが、要は外国人との会話をして下さいということです。

失敗する人がよくしてしまうNGな行動で、日本人グループを作ってしまうことです。

例えばですが、以下のような時間だったとします。

(例)留学1ヶ月

  • 語学学校の授業時間:4時間/日
  • 授業日数:20日間

留学が失敗する人

日本人グループの中にいる

英語に触れる時間:4時間(授業時間)×20日間 =80時間

 

留学が成功する人

外国人と会話・行動をする(1日/2時間)

英語に触れる時間:6時間(授業時間+会話・行動)×20日間 =120時間

 

1ヶ月で40時間も差がでてきます。これが3ヶ月なら3倍半年なら6倍です。

日本人はよくシャイと言われ、落ち着く日本人グループに入ってしまいます。

せっかくの海外留学だから恐れず外国人との会話を積極的にして下さい。

実際私は、語学学校中に日本人の友達を1人も作りませんでした。周りの日本人からは冷たい視線を感じましたが、逆に羨ましがっていたと思っています。

 

4)授業中は生徒・先生と会話する

日本人のいいところは『真面目』なところです。授業中は先生の話しをよく聞き、生徒の発言をよく聞きます。

留学を成功する人は、正直うるさい人だと思います。

授業中はずっと話しています。授業内容のことだけではなく、隣の生徒との無駄話しなど聞くことに集中するのではなく、話すことに集中していました。

 

何回か先生に注意されましたが、逆によく話す日本人と関心されました。

先生も私が間違って使っている英語を聞いて即座に違うと指摘をしてくれて、そこからあーでもないこーでもないと先生との英語に関する会話が始まります。

そこに生徒も混じってさらに盛り上がります。

 

日常会話レベルの英語をを身につけるにはスピーキング力が必要です。相手が言っていることがわかるのに自分の意見を伝えれないのは悔しい気持ちになります。

リスニング力は正直すぐ伸びます。ただスピーキング力は自分から行動しないと伸びないので、間違ってもいいから誰よりも話すことを意識しましょう!

 

5)英語のテレビや映画を見る

留学で失敗してしまう人がやりがちなのが、暇な時間がある時や休日に日本語のテレビや映画、YouTubeを見てしまうことです。

せっかく留学しているのですから、日本語を捨てましょう。

動画配信サービス(Netflixなど)に登録してネイティブの英語を聞きましょう。

あとオススメなのが映画館に行って映画を見ることです。

海外で映画を英語で見るってカッコいいですよ!日本ではまだ公開されていないものが海外では先に公開されているのもありますし、見たあともその感想を英語でシェアできるなんて普通の日本人はできません。

 

まとめ:なぜ留学を失敗してほしくないか

海外留学はとても楽しく刺激的なものです。

ただ、今の時代安く海外留学ができるようになったといえ大金が必要です。

自分で用意したお金にしろ、親が援助してくれたにしろ、何十万と費用がかかるのでそのお金と時間を無駄にしてほしくないと思っています。

 

私自身も留学をしましたが、留学を終えてから『もっとこうしとけばよかった』など後悔することが多くあります。

もう一度海外留学できるのなら、全力の全力で英語に触れると思います。

失敗の経験から学ぶこともありますが、その失敗は時間とお金を無駄にしてしまうので、今回記事にしました。

留学で失敗せず、素敵な留学になるように願っています。

 

ニュージーランド 1ヶ月の生活費はいくらなの?

  • この記事を書いた人

Kia ora

高校卒業後、自動車部品メーカーで3年間勤務 今後の人生に不安を感じ現実逃避で会社を退職⇨5ヶ月後にニュージーランドへ逃亡したずぼらです。 日本、ニュージーランドで社畜になってしまったため、フリーランスを勉強中。〈脱!社畜〉 入門レベルのブログと入門前のプログラミングを日々楽しんでいます。 PCのキーボード叩く(文字を打つという意味です)のが好き。 まずは、目指せpv5000!

-海外生活, 英語学習

© 2021 ずぼらブログ