海外生活

環境保護に積極的なニュージランド〈ビニール袋の廃止〉

 

以前から情報が入っていたビニール袋の廃止が2019年7月1日時点からついに開始されました。

去年ぐらいからスーパーなどでエコバックを販売しているのを見かけるようになってから1年。ついにビニール袋の廃止が法律によって決まりました。

 

なぜビニール袋が廃止されたのか

 

 

廃止された理由が、海の環境保護のためだそうです。

海の清掃時に最も見つけられるものがこのビニール袋。カメや魚、哺乳類にとって深刻な被害をもたらしています。

多くが、エサと間違えて誤飲してしまい、危険な状態に陥ってしまうということです。又、海洋の環境汚染にもつながっています。

海に囲まれたニュージランド。海洋の環境保護、海洋生物の生命維持をするために決断した内容です。

 

ニュージランドでは年間7.5億枚のビニール袋が消費されており、ニュージランドの人口に換算すると1人あたり154枚/年使用していると記者会見で発表されました。

今回禁止されたビニール袋は、厚さ0.07mm未満でプラスチック材料、合成化学材料、石油材料、分解性プラスチック(微生物によって分解される材料)すべてを禁止にしました。

 

小売業者がもし販売した場合は最大NZ$10万の罰金が課せられるとのことです。

 

ニュージーランド人の環境保護の考え

 

 

このビニール袋廃止について国民にアンケートを5週間にわたり実施したそうですが、国民の約90%でビニール袋の廃止をするべきだと答え、そのうちの70%の人がすぐに対応すべきだとアンケートでわかったそうです。

 

実際ニュージーランドでは環境保護の意識が高く、飲食店やカフェ、各種ドリンク店で使用されているプラスチックストローに対しても紙ストローや、金属のストローに変更している店舗をよく見かけます。

又、カフェではコーヒーを入れるための容器を持参するといくらか値引きされる制度を始めているところも多く見かけます。

 

これからは、各自エコバックを持参して買い物をするのが当たり前になり、

飲食店でお持ち帰りをする際はビニール袋の代わりに紙バックの使用が主になってきます。

正直なところビニール袋よりも紙袋のほうが断然コストがかかり、飲食店業界は新たなコストをかかえないといけないことになりました。

ただ、SNSや店舗でエコバックのような各自バックを持参して下さいと呼びかけるところも多くなってきました。

 

エコバックって意外と使いやすい

 

 

私も去年ぐらいからエコバックを使用して買い物をしていますが、正直特に問題はありません。ビニール袋とは違い重い物を入れても破れにくく逆に使いやすいです。

又、買い物に行くときだけではなく、旅行や荷物の持ち運びにも使えます。

ゴミ箱用のビニール袋に関しては廃止される前に購入したものを使用していますが、家庭によってはゴミを分解して土にする機械を使っているところもあるそうです。

 

大手スーパーではお肉を販売するときに使用しているトレイをリサイクル可能にすることを考えているそうです。

 

包装や梱包の仕方をこれからは変えていかないといけない時代になってきたということですね。

 

ニュージーランドという小さな国ですが、環境保護に対する思いは大きな国です。世界に目を向けてみてもお隣の国オーストラリアなどはすでにビニール袋の廃止をしている国がいくつかあります。

同じ海に囲まれた国、日本でも今後廃止されるのではないかと思っています。

ニュージーランドよりも多くの人が住んでいるので、環境保護の効果は大きくなると思います。

 

まとめ:環境保護を少しでも意識した生活を

 

 

これからは少しでも環境保護を意識した生活を送りたいと思います。

例えば・・・

  • 飲食店で出されるストローはいらないと言う
  • カフェでコーヒーを買うときはできるだけマイカップを持参する
  • 小さなエコバックを常に持ち歩き、紙袋も使わないようにする

など、環境保護に少しでも役に立てるように生活していきたいです。

ニュージーランドの素晴らしいところの1つに、川や海、森林などにゴミが全く落ちていないということです。

日本だとペットボトルやお菓子の袋など落ちているのが当たり前なぐらいだと思いますが、ニュージーランドはそれが本当に少ないです。

よく、海外の人からは『日本って道路も綺麗だし、ゴミとか落ちてないよね』と褒められますが、実際はそうでもないですよね?

ニュージーランドはポイ捨てということをしません。当たり前のことですが感動しました。

 

そんなニュージーランド人のように環境保護を意識した、環境に優しい人間になりたいと思いました。

 

 

 

  • この記事を書いた人

Kia ora

高校卒業後、自動車部品メーカーで3年間勤務 今後の人生に不安を感じ現実逃避で会社を退職⇨5ヶ月後にニュージーランドへ逃亡したずぼらです。 日本、ニュージーランドで社畜になってしまったため、フリーランスを勉強中。〈脱!社畜〉 入門レベルのブログと入門前のプログラミングを日々楽しんでいます。 PCのキーボード叩く(文字を打つという意味です)のが好き。 まずは、目指せpv5000!

-海外生活

© 2021 ずぼらブログ