海外生活

20代独身の海外挑戦【20代独身向け人生を変える海外挑戦のメリット・デメリット】

 

20代独身のみなさん海外に挑戦しませんか?
独身だから自分自身の決断で行動できる時を損しないために、海外挑戦のメリットデメリットを紹介したいと思います。

 

あなたの現状

現在多くの方は、会社に勤めているか大学に通っているかフリーターだと思います。

日本企業の終身雇用崩壊で、自分で稼ぐスキルが必要不可欠になってきました。

20代という大人の入り口を通ったみなさんはこれから先40年はお金を稼がないといけません。
20代という大切な時期に何もしないのは勿体ないので、どうせなら海外に挑戦してみませんか?
独身なら自分のやりたいように行動することができます。

そんな海外挑戦のメリット、デメリットを追求していきましょう。

 


海外挑戦するメリット・デメリット

 

メリット

  • 普通に企業に勤めている人よりも世界を知ることができる
  • 海外でのビジネスも視野に入れることができ、マーケティングが広がる
  • 海外に挑戦するということは、英語なり日本語以外の言語を勉強し身につけることで、日本に戻ってきた時にも職に困らない。
  • 海外から日本にビジネスを広げたいときに活躍できる
  • 日本では当たり前のことで通用しないものが、海外ではまだまだ通用するし、需要がある
  • 周りからは海外で仕事をしている人と見られ尊敬される
  • 改めて日本という自国の素晴らしさに気づく

デメリット

  • 今の生活を捨てないと行動できない
  • 日本にいる両親や友人に会えない
  • 語学力がいるので必死に勉強しないといけない
  • 20代の楽しい時期にゼロからスタートすることになる
  • 海外の環境になれる必要がある
  • 移住資金などある程度の資金が必要
  • 企業に雇ってもらうまでが大変


どうでしょう?

大まかにまとめるとこのような『メリット』、『デメリット』がでてきます。

これを見てあなたはどう思いますか?

ゼロからのスタートになるけど成功すると今後の人生大きく変わります。

もしあなたが現時点で誇れるスキルがあるなら、海外への挑戦は大いに期待できます。

例えば、

  • IT系のスキル
  • 料理できるスキル
  • 言語スキル
  • 建築やインフラのスキル
  • 人に教える(教員資格)スキル
  • 人を救う(医師、看護師)スキル


など、日本では需要が少ないスキルも海外では必要とされており、特にまだまだ発展途上の中にいる国は需要が高いです。

私が現在住んでいるニュージーランドも同じです。
スキルをもった人材が不足していると社会問題になっています。

例えば、IT関係、建築関係、インフラ関係は人材不足の問題があり、高給料であり、永住権(ニュージーランドに永遠に住める権利)も取得しやすい職種にやっております。

ニュージーランドは今でも木造の家が多く、築50年以上なんてのはザラにあるぐらいです。
日本の建築技術やインフラ技術は世界においてもトップクラスであり需要が高いです。

飲食産業も盛んですので、ニュージーランドで新たに店をオープンするところも増えています。
正直な話、ニュージーランドの日本食レストランはレベルが低いところが多く、やり方を間違えなければ確実に繁盛します。

 

海外挑戦してみましょう

もし、今のツラい生活から抜け出したいと思っているのなら海外で働くことも視野に入れて行動してみてはいかかですか?

やらずに後悔するより、やって後悔した方が自分の経験値になりますよ!

  • この記事を書いた人

Kia ora

高校卒業後、自動車部品メーカーで3年間勤務 今後の人生に不安を感じ現実逃避で会社を退職⇨5ヶ月後にニュージーランドへ逃亡したずぼらです。 日本、ニュージーランドで社畜になってしまったため、フリーランスを勉強中。〈脱!社畜〉 入門レベルのブログと入門前のプログラミングを日々楽しんでいます。 PCのキーボード叩く(文字を打つという意味です)のが好き。 まずは、目指せpv5000!

-海外生活

© 2021 ずぼらブログ