Life 海外生活

コロナウイルス 警戒レベル2の生活状況〈ニュージーランド 警戒レベル3⇨2になって変わったこと〉

ニュージーランド生活の状況変化

5月14日(木曜日)に警戒レベルが3⇨2に引き下げられました。

ほぼ全てのビジネスが通常通り(いろいろなルール有り)に営業することができるようになりました。

政府から発表されたルール(一部)は、

  1. 衛星管理をしっかりすること(アルコール消毒や人がよく触るエリアの除菌など)
  2. 知らない人とは2メートルの間隔をとる(飲食店では1メートル)
  3. 人が密集しないようにすること
  4. 飲食店などに入店させる場合は、連絡先をしっかりと記録し保管すること

など、ビジネスに対しても多くのルールを守るように言われています。

 

 

 

 

 

  • 飲食店

今までお持ち帰りや配達のみ可能でしたが、店内にお客さんを入れて営業することができるようになりました。アルコール類の提供も可能です。これにより、おいしい物をその場で食べることができるようになり、友人同士や家族、恋人同士での飲食が可能です。

やはり飲食店で食事をしたい人が多く、今までのロックダウン でストレスが溜まっている方が多かったので警戒レベル2になったとたん、行きつけのお店へ食事に出掛ける人で賑わいました。

引き続きお持ち帰りサービスも実施しており、コロナウイルスが気になる方は店内飲食ではなく、お持ち帰りを実施する人もチラホラ見かけます。

 

 

  • 美容院
警戒レベル4、3では美容院やマッサージ、美容エステなど人と人が至近距離の接触が起こる為、営業を禁止されていましたが、レベル2では営業再開が許されました。
 
約7週間美容院に行けなかったので、連日美容院は大混雑しています。人と距離をとって待っているため、外まで待っている人の行列ができています。
 
7週間髪を切れないというのは男の人ならうっとうしくて我慢の限界だったようです。
 
 
  • ショッピングモール
警戒レベル2でショッピングモールの再開も許可されました。レベル2になってからの最初の週末は多くの人で賑わっており、各店舗で入場規制がかかっています。
 
ニュージーランドではお馴染みの『Kmart』、『warehouse』では行列ができるほどでした。服を買う人や、冬に備えて毛布などを買い揃える人、子供のおもちゃや筆記用具など。
いつもなんとなく行っていたお店がやっと入店出来るようになったので、気になって何も買わないけど入店する人もいました。
 
 
  • スポーツジム
ロックダウンの7週間で体重が増えてしまった人、運動不足で身体がなまってしまった人が続出。
ジムの再開により身体を動かすことが出来るようになったので、早速ジムに行った方もいます。
 
 
  • 公園、公共施設
公園もやっと規制が解除されたため、多くの子供たちが遊ぶ姿を見かけます。自宅待機でストレスが溜まっていたので、思う存分走り回っている子もチラホラ。
 
公共施設(図書館、公共トイレなど)も再開したので、少しずつコロナウイルスが流行る前の生活に戻ってきています。
 
 
 

 警戒レベル2による各ビジネスの変化

 
多くの方が仕事復帰をすることが出来たため、各ビジネスも少しずつ回復しようと頑張っています。
 
ニュージーランドの首相も地域のレストランやお気に入りのお店のサポートいます。
 
飲食店では、従来のやり方から変化を求められています。
 
今まで、お持ち帰りサービスをしてなかったところではサービスの開始、UberEATSのサービスの利用、コース料理を提供していたレストランでは、コース料理以外のアラカルトを提供したりと、これからの不況を乗り切るために各企業全力を尽くしています。
 
聞いた話しでは、いくつかの企業では間違ったやり方や見込みを間違えてかなりの損失を出したところもあるようです。
 

観光業、ホテル業界

 
 
警戒レベル2では、ニュージーランド国内の旅行は許可されました。ただし、今までとおり海外からの入国禁止、海外への渡航も禁止という状況です。
 
ニュージーランドの南島は世界からの旅行者をターゲットにしたビジネスが多いので、まだまだかなり厳しい状況が続くことになります。
 
首相も観光業の応援ということで、国民に是非国内旅行を安全に楽しんでほしいと伝えています。
 
 
今年中は海外からの入国者は厳しいかと思っているので、国内で経済を回せるようにしていく方向だと感じています。
 
 
 

まとめ

 
まだコロナウイルスは消滅していない。
 
 
ニュージーランドの首相からも言われていますが、コロナウイルスはまだあなたのそばにいるということを忘れてはいけません。
 
世界でも少しずつ警戒レベルの解除を行っているところが増えましたが、テレビでは『コロナウイルス第二波』について議論されているところです。
 
 
第二波では、第一波よりも被害が増えるとも言われており、まだまだ油断できないところです。
 
 
この警戒レベル2の引き下げについても、まずは2週間経過観察をし、その後またいろいろな情報がニュージーランド政府から発信されることになっています。
 
 
私も14日(木曜日)から仕事復帰しましたが、正直1日終わったところで、正直もう疲れました。休み欲しいなぁと心では思っています。
 
休み明けで身体がなまっていて、疲れもいつもの2倍感じます。
 
ロックダウン中は暇だから仕事してた方がマシと思っていましたが、ロックダウン解除になってからはすぐに休み欲しいと願うばかりです。
 
 
 
レベル3にまた戻ることのないように、1人1人気を引き締め生活していかなければなりません。
 
 
コロナウイルス第二波による世界的なパンデミックにならずに、コロナウイルス消滅の日が来るまで、我慢するしかないですね。
 
 
 
辛い時ですが、頑張って乗り切りましょう!
  • この記事を書いた人

Kia ora

高校卒業後、自動車部品メーカーで3年間勤務 今後の人生に不安を感じ現実逃避で会社を退職⇨5ヶ月後にニュージーランドへ逃亡したずぼらです。 日本、ニュージーランドで社畜になってしまったため、フリーランスを勉強中。〈脱!社畜〉 入門レベルのブログと入門前のプログラミングを日々楽しんでいます。 PCのキーボード叩く(文字を打つという意味です)のが好き。 まずは、目指せpv5000!

-Life, 海外生活

© 2021 ずぼらブログ