Life 海外生活

【8月24日発表 新型コロナウイルスの最新情報】 ニュージーランドにコロナの第二波到来

新型コロナウイルス第二波によるロックダウン

8月24日 (ニュージーランド時間)15時発表

新型コロナウイルス第二波のロックダウンアップデートがありました。

8月12日から始まった、Alert level3のロックダウン。今回は、オークランドでの感染が確認されたため、オークランドはロックダウンの処置。その他、地域では1つレベルを繰上げAlert level2となりました。

24日時点で約2週間のロックダウンがオークランドでは行われています。

ジワジワと迫る感染の脅威

日に日に、オークランドでの感染者数が増えており、大手ショッピングモールや、大型冷凍庫業者、スーパーマーケットなどでの感染者が見つかっており、感染者に接触した人達も感染してしまい、この連鎖を断ち切るために、ロックダウンの処置がとられています。

オークランドで開催予定だった、ラグビーの開催を公式にキャンセルとなりましたが、オークランドから離れた南島ではレベル2のため、試合が行われました。

政府からのアップデート 8月24日 最新情報

オークランドは8月30日 23時59分まで、レベル3を延長。
その他地域についても、同日まで、レベル2を延長。

8月31日(月曜日)からニュージーランド全域でAlert level2になると発表されました。

8月24日の新規感染者9人。

前回のコロナウイルスの流行とは違う点

前回、コロナウイルスが流行した時は、マスクの着用はしなくてもいいということでしたが、今回から、着用を推奨しています。

前回では、マスクが十分にニュージーランドで確保できず、高値での転売などが行われていました。

ただ、ニュージーランドでもマスクの確保がしっかりとできた今では、マスク着用によって、少しでもウイルスを広げない、もらわないようにと着用を推奨するようになりました。

これにより、ニュージーランドでもマスクをしている人が多く見られるようになり、パブリック(バスや電車)を使う場合、スーパーに行く場合はマスクをする人が多くなりました。

日本に住んでいるときには、マスク着用になにも思わなかったのですが、海外の地でマスクをしている人を見ると少し違和感があります。

まだ続くロックダウン


前回Alert level2になったときには、感染者が0に近い数字だったのに対し、今回はまだ感染者が増えているというので、ロックダウンを延長したように感じます。
Alert level2になると、ほとんどのビジネスは営業をすることができるようになり、レストランにおいても、中にお客さんを入れて営業することができます。

まだ、どこからの感染なのか、感染した人とその周りの管理が全てできていないのが、現状なんだと思います。

国民からの批判も多いかもしれませんが、国がしっかりとコロナウイルスを管理下に置いていない状態で、ビジネスが元通りになると危険な気持ちは十分にわかります。

例えば、レストランで食事をしていた他の人が、後日コロナウイルスに発症した場合、その日にレストランへ行った人や働いている人への影響、ましてやそのお店の評判がガタ落ちするのは、目に見えています。

こういった風評被害を起こしたくないのもあるかもしれません。

生活が元に戻るのはいつなのか?

Alert level2においても、まずは8月31日〜9月6日の1週間とし、その後については、また検討することになりました。
Alert level1にならない限りは、普通の生活に戻ったとは言えないので、国内旅行や、入場制限など、いろいろなルールがAlert level1以外にはあります。

2020年が終わるまで4ヶ月。
年始年末はコロナウイルスを気にしない前のような生活をしたいものです。

ニュージーランド頑張れ!

  • この記事を書いた人

Kia ora

高校卒業後、自動車部品メーカーで3年間勤務 今後の人生に不安を感じ現実逃避で会社を退職⇨5ヶ月後にニュージーランドへ逃亡したずぼらです。 日本、ニュージーランドで社畜になってしまったため、フリーランスを勉強中。〈脱!社畜〉 入門レベルのブログと入門前のプログラミングを日々楽しんでいます。 PCのキーボード叩く(文字を打つという意味です)のが好き。 まずは、目指せpv5000!

-Life, 海外生活

© 2021 ずぼらブログ